The Tomorrow People(TV Series)

出演時間の目安 ★★★★☆

役名:Russell(ラッセル・クロウ)

副題
Son of Man
Kill Switch
A Sort of Homecoming
Modus Vivendi
Smoke and Mirrors
Endgame
Superhero
Enemy of My Enemy
Brother's Keeper
Things Fall Apart
Sitting Ducks
Rumble
The Citadel
Death's Door
Thanatos
Limbo
Sorry for Your Loss
All Tomorrow's Parties
Kill or Be Killed
Girl, Interrupted
In Too Deep
Pilot

メインキャラクターの1人なので、シリーズ通しての全話に出演しています。
主要キャラクターが元々多い作品なので、1話に対しては常時出ているわけではありません。

映像を観るにあたって

有名な海外ドラマ「The Tomorrow People」のリメイク作品です。


残念ながら、シーズン1で打ち切りとなりました。
DVD、BDも発売されていません。

日本ではAXNで放送されました。
こちらは字幕放送のみ、吹き替えなし。

各話のあらすじはこちらから読むことができます。



以下、役柄などネタバレを含みます。





















役柄

超能力に目覚めた超人類「トゥモロー・ピープル」の一人。
超能力を持つ者たちを捕らえようとする組織「ウルトラ」と、仲間とともに戦う。
要領よくやっていきたい気持ちと、正しいことをしたい気持ちに揺れることの多い青年。

元はピアニストを目指していた。
超能力に目覚めたことをきっかけに断念。
カジノで超能力を使ってギャンブルを愉しむなど飄々とした性格。

地下にアジトを持つ「トゥモロー・ピープル」たちの世話もしている。
主人公たちを含めた幹部(主要)メンバーの一人。

頭脳明晰タイプではないため、人工知能にツッコミを入れられたり、会話についていけない場面も多々ある。
敵の策略を見抜けず、仲間とともに危険にさらされる場面も。

感想

短髪+髭のアーロン。
全編通してシリアスなストーリーなので、比較的ギャグ要員扱いです。
「ラスベガスをぶっつぶせ」のチョイや、「13日の金曜日」のチューウィーなどに近い役柄です。

AXNで放送されていたものをかろうじて観ることができました。
(前半を見逃してしまいとても悔やまれます…)

「トゥモロー・ピープル」組織内では主要幹部の一人ですが、
主人公・男性幹部・女性幹部の3人に比べると出番やストーリー上の重要度は低め。
人工知能との掛け合いや、他メンバーの面倒を見る甲斐甲斐しい場面などが素敵です。

6話や16話はメイン回なので、出番が多いです。
カジノで大騒ぎしているアーロンを観ると癒やされます。

女性を口説く場面もあり、「全く相手にされない」「成立する」のバランスは半々くらい。

ファッションもシーズン通して各種登場します。
基本スタイルはストリート系(パーカーにデニムなど)ですが、フォーマルスーツやヒーロースタイルなども楽しめて最高でした。

DVD・BDが本国でも発売されないという鬼畜仕様ですが、地道に海外ドラマチャンネルにリクエストしたいと思います…。

  • 最終更新:2018-02-09 20:57:52

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード