10 Years

出演時間の目安 ★★★☆☆

役名:Peter Jung(ピーター・ジャング)

映像を観るにあたって

DVDは2012年12月18日発売。

Amazon(US)でDVDの購入可能です。

海外製品のため日本語音声、字幕はありません。
DVDのリージョンが日本と異なるため、リージョンフリーのDVDプレーヤーが必要です。

英語字幕が収録されていました。

映像特典として「未公開シーン」が収録されています。

日本での公開や販売は難しいのではないかと思われます。

タイトルを「Ten Year」としていたのですが、「10 Years」が正しいようです。

日本版の販売がありました。
特典映像は「オリジナル予告編」とのことです。
海外版(未公開シーン収録)とは内容が異ります。

アーロン独自の未公開シーンはなく、カリー(クリス・プラット)のシーンに映り込む程度です。


以下、役柄などネタバレを含みます。




















役柄

高校の同窓会に集まった一人。
久々に友人達と酒を飲んで話し込むはずが、酔っぱらった同窓生(空気の読めないいじめっこタイプ)に絡まれて散々なことに…。


感想

「ラスベガスをぶっつぶせ」のチョイ以上に短髪でサッパリとした髪型のアーロン。
もっと一瞬で出番が終わるような役なのかなと思っていましたが、意外や意外…。
結構出番が多くて、しかも1グループのメインとなるような目立つ役回り。

同窓生の一人(既婚者男性)に必要以上に絡まれてタジタジしている様子。
他人に対してドン引きしたり、怒ったりする場面を観る機会が少ないので
今回の作品はとても新鮮でした。

同窓生の中では比較的目立たない内気なグループに所属しています。
それでも仲間内で喋っているところに絡まれてイライラ…。
遂には、迷惑をかけてくる同窓生の奥さんに文句を言う姿もありました。

食事のシーンもあって、美味しそうに食べている姿はとてもかわいい!
おすすめの一つに加えたいです。

日本語版(字幕あり)を見終わったので追記・修正します。

ピーター(アーロンの役)は、高校時代も今も内気なグループに属する青年。
「同窓会で、昔からかっていた人たちに謝罪して、嫌な奴から抜け出したい」と考えたカリー(既婚男性)の被害者です。
謝ったらすべて解決なんて考え方がとてもカリーらしいというか、自己中心的。
そんなカリーにうんざりするピーターを拝めます。

スタッフロールでは「同窓会で撮影したビデオ」が流れます。
アーロンも登場しますので是非最後までチェックしてください。

  • 最終更新:2018-02-12 16:25:53

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード